• トップ /
  • 低金利の今、不動産経営が最適

不動産経営のポイント

低金利の今、不動産経営が最適

期待薄の預貯金よりも不動産経営

マイナス金利の影響で、預貯金の金利は上がりそうにない現在、利回りの良さと安定した収入の確保がポイントの不動産経営は、資産運用の1つとしてあげることができます。不動産経営は、株やFXなどのように価格が著しく上下することがなく、資産として建物が残るので、大きなリスクを背負う心配がありません。毎月家賃が入り、安定した収入を得られるのも不動産経営の魅力ポイントの一つです。年金生活に備え、家賃収入の確保をしておくことは、豊かな老後を送るための安心材料になります。一般的に不動産投資における利回りは、10%程度といわれているので、預貯金に預けるよりもメリットがあり、投資信託のように決められたものを選ぶのではなく、自分の選択で、建物が選べる楽しさがあります。不動産経営の注意ポイントとしては、空室をできるだけ作らないことです。空室になると、家賃収入が入ってこないので、利回りも下がってしまいます。不動産仲介業者などに依頼して、入居者を見つけるか、管理業者と契約して、入居管理を任せてしまう方法も空室対策としてはよい方法です。不動産経営は、税金面でも、相続税対策や所得税の節税対策にもなり、資産運用としては、有効だといえます。

↑PAGE TOP

Menu