• トップ /
  • 不動産経営で利回りは大事です

不動産経営の計算

不動産経営で利回りは大事です

不動産経営で用いる計算法

不動産経営を行う上でしっかりと把握しておきたいものが、不動産を取得してどのような収入が期待できるのか、計算法はどのようにして用いるのか等です。良く利用され、最も知られているのが、表面利回りという内容です。家賃の総収入を購入費用で割って数値をパーセントで表した利回りのことをいいます。購入物件を探す際によく利用されているのがこの計算法です。不動産経営を行う際に、良く聞く計算法といえます。より正確にどの程度の収益になるのかを測るのに必要な判断指標として用いられるのが実質利回りと言われます。固定資産税等毎年必ずかかってくる税額やランニングコストを差し引いたら実質どの程度の利回りが期待できるのかを判断するものです。これも不動産経営には欠かせない判断基準の計算法の一つと言えます。利回り計算のときの用いる計算法は、多くが部屋が満室であった時の想定で家賃収入を計算しますのでその不動産の入居率を把握しておく事も重要と言えます。実質の家賃収入をきちんと把握する事で、より現実的な数字が計算出来ます。大事な事は、自分でしっかり計算方法を理解して、有効的に利用する事で、より不動産経営が成功に近づくポイントの一つと言えます。

↑PAGE TOP

Menu